スポンサーリンク
花火大会

葛飾納涼花火大会2019屋台の営業時間は?交通規制や混雑も!

葛飾納涼花火大会

みなさん、こんにちは!Ayaboです♪

7月も後半に入り各地でお祭りや花火大会が開催される時期になってきましたね!

今回は葛飾区で開催される「葛飾納涼花火大会」にスポットを当て、気になる情報をチェックしていこうと思います!

葛飾区といえば、「フーテンの寅さん」が主人公の国民的映画「男はつらいよ」や、お騒がせ警官の両津勘吉こと「両さん」が主人公の漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の舞台でもありますよね!

そんな下町情緒あふれる葛飾で毎年開催されているのが、今年で53回目となる葛飾納涼花火大会!

昨年の観覧者数は、なんと約77万人だそうです!!

そんな都内屈指の花火大会でもある葛飾納涼花火大会について、今回は「葛飾納涼花火大会2019屋台の営業時間は?交通規制や混雑も!」と題しましてお届けいたします!

早速、内容に行ってみましょう!

スポンサーリンク

葛飾納涼花火大会2019屋台の営業時間は?

まず日程や時間を確認しましょう!

日程:2019年7月23日(火)

時間:19:20~20:20

場所:葛飾区柴又野球場(江戸川河川敷)

アクセス
京成電鉄 柴又駅から 徒歩約10分
北総鉄道 新柴又駅から 徒歩約15分
JR線または京成電鉄 金町駅から 徒歩約20分

荒天の場合は翌日に順延し、翌日も荒天の場合は中止となるそうです!

現在(7/20)の天気予報では、7/23(火)雨の予報となっており、翌日の7/24(水)は晴れの予報です!

天気予報はこまめにチェックしておきたいですね!

さて花火大会といえば、外せないのが屋台ですね!

浴衣を着て屋台を覗きながら、花火会場へ向かうのなんて花火大会の定番ですよね!

気になる屋台の営業時間ですが、夕方の16時ごろから営業しているところが多いようです!

そして花火が終わった20時半や21時ごろに閉店、としているところがほとんどのようです!

メイン会場付近は10数店舗とすこし少なめですが、柴又帝釈天参道付近には数多くの屋台が立ち並ぶそうです!

少し早めについて、周辺を散策しながら会場へ向かっても良さそうですね!

交通規制や混雑は?

JR線「金町駅」から北総線「新柴又駅」の間あたりの、江戸川河川敷周辺は交通規制がかかるようです!

お車でお越しの方は情報にご注意くださいね!

詳しい交通規制についてはこちらをご確認ください!

もっとも会場へ近い駅は柴又駅となります!

混雑を避けるためには、夕方の16時頃には柴又駅周辺につくように行かれた方がいいかもしれませんね!

特に打ち上げ場所である野球場近くで見たい方はお早めに!

ですが、会場自体が広く河川敷での打ち上げとなるので、比較的見る場所自体はたくさんありそうです!

また混雑については、開始時間までに徐々に集まる行きよりも、帰りの混雑を覚悟された方がいいかもしれません!

一度に70万人以上集まるとなれば、駅や周辺道路の混雑は避けられません。

駅で並んで待つか、飲食店などに入り少し時間をずらして駅に向かうのも一つですね!

また例年、京成バスの臨時バスが「新柴又駅~小岩駅」間で運行されているようですので、そちらの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

また少し離れた、スカイツリー展望台や対岸の松戸側から鑑賞するのも混雑を避ける穴場スポットのようです!


ぜひ参考にしていただけると嬉しいです!

まとめ

今回は「葛飾納涼花火大会2019屋台の営業時間は?交通規制や混雑も!」と題しましてお届けしました!

今年の花火の打ち上げ数は約1,300発を予定していそうです!

また葛飾納涼花火の見どころとしては、日本の伝統の花火である「和火」や葛飾区ゆかりのキャラクターたちの花火も特徴です!

みなさんも、ぜひ足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

では、今回はここまでとさせていただきます!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク