スポンサーリンク
季節

ヒノキ花粉2020大阪・関西の時期はいつからいつまで?ピークや飛散量と状況も!

ヒノキ

みなさん、こんにちは!Ayaboです♪

寒い日が続いていますがいかがおすごしでしょうか。

寒さも本格化してきましたが、その後に待ち受けているのがつらい花粉の季節ですよね。

花粉症にとってはかなり憂鬱な時期ですので、いつからいつまで続くのか、飛散量のピークや状況など気になりますね。

今回は杉花粉とともに毎年悩まされる方の多い、ヒノキ花粉について焦点を当ててみたいと思います。

「ヒノキ花粉2020大阪・関西の時期はいつからいつまで?ピークや飛散量と状況も!」と題しまして、2020年のヒノキ花粉、大阪・関西地区では時期はいつからいつまでなのか、飛散量のピークや飛散状況についても調べてみたいと思います。

早速、内容へいってみましょう!

スギ花粉
スギ花粉2020大阪・関西の時期はいつからいつまで?ピークや飛散量と状況も!みなさん、こんにちは!Ayaboです♪ 年が明け2020年に突入しましたね! 寒さもいよいよ本格的になってきましたが、その後...
お花
いつから暖かくなる?2020地域別まとめと春服の衣替えがいつかも!みなさん、こんにちは!Ayaboです♪ 寒い日が続くと春の温かさが恋しくなってきますね! 2月にもなれば暦の上では春ですので...
スポンサーリンク

ヒノキ花粉2020大阪・関西の時期はいつからいつまで?

2020年のヒノキ花粉、大阪・関西地区の飛散時期はいつから?

引用元:https://www.ssp.co.jp/alesion/hayfever/calendar/

 

大阪・関西地区でのヒノキ花粉は、3月中旬ごろか飛散時期を迎え、4月上旬~中旬ごろにピークを迎える予測となっています。

1月2月に少ないながら飛んでいるのも特徴で、その後3月中旬から4月中旬までは花粉がやや多めの時期が続きます。

ピーク時期は4月上旬~中旬とそこまで長くはありませんが、同じように春先に花粉量が増えるスギ花粉も2月下旬~3月下旬にかけてピークを迎えますので、スギ花粉とヒノキ花粉どちらにも反応してしまう方は特に長くつらい時期が続いてしまいそうです。

スギやヒノキ花粉の飛び始める時期は、前年の秋以降の気温に左右されます。

夏にできた花芽は秋から冬にかけ、一定期間低温にさらされることで開花の準備をします。

これを「休眠打破」と呼び、休眠から目覚めたあとは1月以降の春先に気温が高めだと、花粉の飛散時期は早まるようです。

2020年のヒノキ花粉、大阪・関西地区の飛散時期はいつまで?

ヒノキ花粉の飛散量が最大時期は4月中旬ごろまでのようですが、4月下旬ごろまではやや多く、5月いっぱいはわずかながら飛散しています。

5月も引き続き、花粉対策は気を抜かずに予防していきたいですね。

 

ヒノキ花粉2020大阪・関西のピークや飛散量と状況は?

2020年の大阪・関西地区のヒノキ花粉の飛散時期のピークは、4月上旬~中旬ごろとなっています。

以下の図は、スギ花粉とヒノキ花粉の2020年の飛散傾向を表したものです。

2020年花粉量傾向

引用元:https://tenki.jp/pollen/expectation/

 

こちらの図で見ると2020年の関西地区の花粉の飛散量は、兵庫県では例年に比べて非常に少ないとなっており50%以下の予測となっています。

大阪などのその他の関西地区では例年に比べると少ない予測の50~70%以下となっていますね。

花粉の飛散量は、前年の夏の気象に左右され、特に6月~7月の日照時間が長い程、花粉が多く飛ぶ傾向があるようです。

2019年6月~7月の気象を見てみると、大阪・関西地区でも6月は特に雨が多くなりました。

7月は全国的に記録的な冷夏となり、過去10年で日照時間が最も短い7月でしたね。

2019年は梅雨が長く続き、肌寒い日が多かったのを覚えています。

また多く花粉が飛んだ翌年は花粉の飛散量が減少する傾向がありますが、2019年まで5年連続でヒノキ花粉の飛散量は多くなっていました。

花粉が少なくなる条件がいくつも揃っているため、2020年のヒノキ花粉の飛散量は、過去10年の平均と比較して大阪・関西地区は少ない予測となるようです。

ただ例年に比べると少ない予測ですが、飛散量は花粉症の症状が辛く感じるには十分量あるため、早めの対策が必要です。

花粉の飛散状況については、現時点(2020年1月6日)でもすでにTwitterなどでは症状を訴えている方がいました。

このように花粉症の症状を訴えている方が多数いらっしゃいました。

状況については適宜まとめていきます。

まとめ

今回は「ヒノキ花粉2020大阪・関西の時期はいつからいつまで?ピークや飛散量と状況も!」と題しまして、2020年のヒノキ花粉、大阪・関西地区では時期はいつからいつまでなのか、飛散量のピークや飛散状況についてまとめてみました。

2020年ヒノキ花粉の飛散状況について、大阪・関西地区はいつからいつまでかは以下となります。

大阪・関西地区のピーク⇒4月上旬~4月中旬

飛散量は例年に比べると少ないものの、花粉症が辛く感じるには十分の飛散量であることに注意してください。

花粉対策は1月下旬を目安としていますが、すでに花粉は飛び始めているようですので、早めに対策するに越したことはなさそうです。

花粉は鼻水や涙が止まらなくなったり、頭痛や咳、肌荒れなど様々な症状に苦しみますよね。

私も花粉症なのでなんとか今年は酷くならないように、薬を飲んで服装や眼鏡などでも対策をしっかりと万全にしたいと思います!

花粉症の皆様、辛いこの時期ですが何とか乗り切りましょう!

今回はここまでとさせていただきます。
最後まで読んでいただきありがとうございました!

スギ花粉
スギ花粉2020大阪・関西の時期はいつからいつまで?ピークや飛散量と状況も!みなさん、こんにちは!Ayaboです♪ 年が明け2020年に突入しましたね! 寒さもいよいよ本格的になってきましたが、その後...
お花
いつから暖かくなる?2020地域別まとめと春服の衣替えがいつかも!みなさん、こんにちは!Ayaboです♪ 寒い日が続くと春の温かさが恋しくなってきますね! 2月にもなれば暦の上では春ですので...
スポンサーリンク