スポンサーリンク
人物

古川真人の中学校や小学校は?地元は福岡のどこ?性格や年収・印税についても!

ステージ
みなさん、こんにちは!
第162回芥川賞を受賞したのは、若干31歳の古川真人(ふるかわ まこと)さんです!
作品名は背高泡立草(せいだかあわだちそう)です!
古川真人さんのお母さまの実家の、長崎県平戸市の的山(あづち)大島が舞台となっっているそうです。
平戸市は歴史も深く、自然豊かなとってもキレイな場所なんですよね!
そこを舞台にしているというだけで、物語に俄然興味が湧きますね!
古川真人さん自身は福岡県福岡市で育ったようですが、福岡市といってもどこの出身なんだろう?
出身の中学校や小学校がどこなのか、気になりますよね!
今回は「古川真人の中学校や小学校は?地元は福岡のどこ?性格や年収・印税についても!」と題しまして、芥川賞を受賞した古川真人さんの出身の中学校や小学校がどこか、地元は福岡のどこで、に迫ってみたいと思います!
早速、内容へ行ってみましょう!

古川真人の中学校や小学校は?地元は福岡のどこ?

現在は神奈川県横浜市在住の古川真人さんですが、福岡県福岡市のご出身です。
的山大島は古川真人さんのお母さまのご出身で、
まだご現在の祖母さまがで今も的山大島に住んでいらっしゃるそうです!
古川真人さんは中学3年生の時に、三島由紀夫さんの、「仮面の告白」を読み、文学の世界を意識し始めたようです。
中学時代は飲食店で自分で注文したりも出来ない程、シャイな少年だったそうです。
 
文学に没頭している少年時代だったのかもしれませんね!
古川真人さんの地元は福岡県福岡市のみ公表されており、現時点では福岡のどことまで分かりません。
福岡市も広いので福岡市のどこなんだろうと気になったのですが残念です。
よって現時点は出身の中学校や小学校についても分かりませんでした。
引き続き調査を続け、確認でき次第追記していきますね!

古川真人の性格や年収・印税についても!

古川真人さんのエピソードとしては、第一薬科大学付属高校を卒業後、國學院大學文学部に進学しています。
大学には4年在籍していたようですが、3年に進級することができずに中退しています。
高校時代に文芸サークルに在籍し、小説の執筆を始めた古川真人さん
大学時代には日本文学研究会に在籍し、この活動に熱中するあまり勉強が疎かになっていたようですね。
大学中退後は就活もアルバイトもせずに、日々寝転んでいるような生活を6年間送っていたようです。
酔っ払っては将来への不安や鬱屈を爆発させていたそうです。
その後、小説家として2016年に『縫わんばならん』でデビューし、第48回新潮新人賞を受賞し、芥川龍之介賞候補に選ばれています。
実は2017年『四時過ぎの船』、2019年『ラッコの家』でも芥川賞候補に選ばれており、今回の4度目のノミネートでようやく選ばれたんですね!
デビューから3年ほどでの受賞はかなりの才能ですよね!
受賞の際のインタビューに対し、『うれしさというのはまだない、悪い意味ではなくて、自分が急にとんでもない場所に出て行っているという気持ちを持った新人賞をとった時と、同じ心境』
と話していたように、とても等身大の31歳というか素朴な人柄や性格が伺えますね!
とても素直な性格をしていらっしゃるような気がします。
芥川賞受賞で年収や印税もかなりのものになるのでは?と思いますよね。
新人の小説家であれば、年収は100万円ぐらいあればいい方だと思いますが、古川真人さんは新人賞などの受賞歴もあり、芥川賞にも何度もノミネートされていますので、注目度も高くそれより高い、300~400万円程はあったと思われます。
人気芸人の又吉直樹さんも芥川賞を受賞され話題となりましたが、受賞作の『火花』の印税だけで3憶円以上は軽く稼いだと言われているそうです。
又吉さんに関してはもともと知名度が高く、人気芸人の作品ということでかなりの売れ行きだったと思いますので、印税はこれよりも低くなると思われますがそれでも1憶円は超えるのではないかと思います。
作家は収入の格差がとてもある職業だと思いますが、長く話題作を送り出し続けている方はまさにセレブ作家ですよね!
古川真人さんもこれからも話題作を沢山世に送り出していって欲しいですね!

まとめ

今回は「古川真人の中学校や小学校は?地元は福岡のどこ?性格や年収・印税についても!」と題しまして、芥川賞を受賞した古川真人さんの出身の中学校や小学校がどこか、地元は福岡のどこで、に迫ってみました!

古川真人さんの出身の中学校や小学校については現時点では、確認できておりません。

地元も福岡県福岡市までしか公表されておらず、福岡のどことまでは分かりませんでした。

引き続き調査を続けていきたいと思います。

今回はここまでとさせていただきます。
最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク