スポンサーリンク
人物

マティーン王子の母親兄弟・家系図は?学歴・プロフィールと結婚や彼女と画像も

王冠

みなさん、こんにちは!Ayaboです♪

今日2019年10月22日(火)は天皇陛下の即位のを国内外に知らしめる、「即位の礼」が執り行われています!

今日は今年限りの祝日でお休みになった方も多いですよね♪

そして即位を祝うため世界各国から要人が集まっています。

その中でも「イケメン!」「かっこいい!」と話題になっているのが、ブルネイ王国のマティーン王子です♪

画像を見ると確かに端正な顔立ちでイケメンです!

今回は「マティーン王子の母親兄弟は?学歴・プロフィールと結婚や彼女イケメン画像も」と題しまして、ブルネイ王国のマティーン王子の母親や兄弟についてや、学歴やプロフィールと結婚はしているのか?独身なら彼女はいるのか、イケメン画像についてもチェックしていきたいと思います。

早速、内容へ行ってみましょう!

スポンサーリンク

マティーン王子の母親兄弟・家系図は?

マティーン王子とは東南アジアのボルネオ島北部にある小さな国「ブルネイ・ダルサラーム」の王位継承第6位のアブドゥル・マティーン王子です!

父親はもちろんハサナル・ボルキア現国王です。

母親はハサナル・ボルキア国王と2003年に離婚したマリアム元王妃です。

マリアム元王妃はロイヤルブルネイ航空の元客室乗務員で1981年に結婚しています。

そしてマティーン王子はそのマリアム王妃の4番目の子供にあたります。

マリアム王妃の画像は確認できていませんが、マティーン王子のイケメンぶりを見るとすごい美人なはずです。

客室乗務員から王様に見初められるぐらいですからね!

ブルネイ王国は日本とは違い、一夫多妻制ですから家系図はかなり複雑そうです。

家系図の画像は残念ながら探す事はできませんでした。

マティーン王子はハサナル・ボルキア国王の四男で兄が3人います。

さらにマティーン王子は家族思いで、特に母親や兄弟や妹達をとても大切にしているようです。

マティーン王子の学歴・プロフィールと結婚や彼女と画像は?

マティーン王子のプロフィールや経歴を見てみましょう!

名前:アブドゥル・マティーン

生年月日:1991年8月10日(現在28歳)

学歴:ロンドン大学修士課程修了

ペット:トラ

趣味:スポーツ

マティーン王子の学歴はロンドン大学の修士課程を卒業されています。

文学修士を授与されており、在学中には国際研究と外交について学ばれていたようです。

さらにマティーン王子は文武両道で、2010年5月9日~2011年4月15日は陸軍士官学校で過酷な訓練を受けていました。

ジェルドン・インターナショナル・スクールでの中等教育を卒業したあとすぐに訓練コースに入隊し軍を経験しています。

とてもキリリとした顔立ちをされているのも、軍の経験があるからなのかもしれませんね。

そして現在28歳でイケメンのマティーン王子は結婚されているのか気になりますよね。

現在は結婚はされておらず、彼女の情報もありませんでした。

ただこれだけのイケメンですから、彼女はいそうですよね。

王子様なのでそんな大っぴらにはできないので、極秘にデートを楽しんでいるのかもしれませんね。

そして一夫多妻制ですので、これから一人の人を奥さんとするのか、何名か奥さんを迎えるのか気になりますね。

もし民間人から王妃を迎えればシンデレラストーリーなんかも話題になるかもしれませんね!

ネット上にはイケメンな画像がぞくぞく上がっていました!


マティーン王子は自らインスタのアカウントを持っており、そのフォロワー数は1200万人!

ロイヤル界きってのインフルエンサーでもあります。

この投稿をInstagramで見る

 

Witnessing the enthronement of Emperor Naruhito 🇯🇵

Mateenさん(@tmski)がシェアした投稿 –

今回の日本での様子も早速インスタに上がっていました!

今回マティーン王子を初めて知った方も多いと思いますので、インスタもぜひチェックしてみてくださいね!

インスタには麗しいお姿が沢山ありましたよ~

まとめ

今回は「マティーン王子の母親兄弟は?学歴・プロフィールと結婚や彼女イケメン画像も」と題しまして、ブルネイ王国のマティーン王子の母親や兄弟についてや、学歴やプロフィールと結婚はしているのか?独身なら彼女はいるのか、イケメン画像についてもチェックしてみました!

マティーン王子の母親や兄弟については、最新情報が入り次第追記していきます。

まだ結婚はしていないマティーン王子ですので、これからどんなお相手と結婚したり彼女ができるのかも楽しみですね!

今回はここまでとさせていただきます!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク