スポンサーリンク
災害

多摩川氾濫する可能性は?川崎・世田谷と台風19号と過去の様子も

河川

みなさん、こんにちは!Ayaboです。

非常に強い台風19号が首都圏に近づいています。

1958年(昭和33年)に関東地方や伊豆半島に甚大な被害をもたらした、狩野川台風に匹敵する台風と言われています。

台風19号への関東地方への最接近は12日(土)の夕方以降と言われていますが、すでに停電や冠水などに被害が報道されています。

雨や風のピークはこれから夕方にかけて、ですが多摩川もすでに氾濫するのではとネットでは話題です。

今回は「多摩川氾濫する可能性は?川崎や世田谷と台風19号と過去の様子も」と題しまして、多摩川氾濫の可能性や川崎や世田谷などの周辺地域の様子、過去の氾濫の様子などに迫ってみたいと思います。

早速、内容へ行ってみましょう!

スポンサーリンク

多摩川氾濫する可能性は?川崎・世田谷と台風19号と過去の様子も

多摩川の現在の様子です。


このようにインターネット上には、周辺地域にお住まいの方から河川の様子の情報が寄せられています。

そしてこちらが、多摩川二子橋、二子子多摩川付近の様子を写したライブカメラの様子です。


これからさらに夕方から夜にかけて、関東へさらに強い雨が降り続く予報となっておりますので、多摩川が氾濫する可能性は多いにあります。

周辺にお住まいの方、低い地域にお住まいの方は、台風19号が最接近し外出ができなくなる前に避難をされるように呼びかけられています。

川崎市では午前中の段階で多摩川氾濫の可能性により、安全な場所へ避難する緊急速報をだしています。

多摩川が氾濫すれば、流域の川崎、世田谷、大田区などは冠水や浸水などの被害が予想されます。

過去には多摩川はたびたび氾濫しており、時に1974年(昭和29年)に発生した水害では狛江市の民家19戸が名が割れる被害もありました。

住民はすでに避難していたため、死傷者はでていませんが長きにわたり爪痕を残しています。

台風19号は12日(土)の18時頃に静岡県に上陸する予想となっています。

雨風のピークはこれからです。

ハザードマップを確認し被害が予想される、周辺地域にお住まいの方は、まだ動けるうちに避難を始めていただきたいと思います。

多摩川の氾濫については、水位など最新の情報が入り次第追記していきます。

ネットの声

都心を流れる多摩川ですので、氾濫した場合の被害は甚大です。

周辺地域にお住まいの方から不安の声や避難を促す声が上がっていました。

まとめ

今回は「多摩川氾濫する可能性は?川崎や世田谷と台風19号と過去の様子も」と題しましてお届けいたしました。

多摩川に氾濫の危険が迫っています。

河川の状況などは決して見に行かないようにし、流域や浸水などが予想される地域、低い地域にお住まいの方は動けるうちに、是非避難を開始してください。

情報が入り次第追記してきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク