スポンサーリンク
災害

台風19号千葉(関東)いつピーク?直撃は?電車や飛行機と高速道路の影響も

台風

※10月12日追記

みなさん、こんにちは!Ayaboです。

10月に入りやっと涼しく感じられる日もでてきましたね。

しかももうすぐ三連休♪なんて思っていた矢先に台風19号(ハギビス)が発生してあるいます。

毎年9月10月にかけ日本へ影響を及ぼす台風の発生が多い、いわゆる台風シーズンではありますが、今年もやはり台風が多いですね!

三連休は各地でイベントなどの開催が多数予定されていますが、今回の台風19号はその三連休を含む11日(金)~14日(月・祝)にかけて、日本へ最も影響を及ぼしそうなんです。

千葉と言えば先日の台風15号では広範囲に及び甚大な被害を受け、復旧活動が依然として続いている状況かと思います。

いまも不便な生活を強いられている方が数多くいらっしゃることと思います。

今回は「台風19号千葉(関東)いつピーク?直撃は?電車や飛行機と高速道路の影響も」と題しまして、台風19号は千葉・関東はいつごろがピークか?また直撃する可能性はあるのか?電車や飛行機、高速道路などへの影響についてもチェックしていきたいと思います。

少しでもこの記事を読んでくださっている方のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

台風19号千葉(関東)いつピーク?直撃は?

台風19号の現在の様子です。


台風19号は10/6(日)の15:00現在、トラック諸島近海を西に進み、急速に発達を続けながら北西方向に進む予報となっています。

9日(水)には「猛烈な」勢力となり、11日(金) にはその勢力を保ちながら日本の南へ到達する見込みです。

先日の台風15号は初めは東海地方を直撃する予報となっていましたが、進路が東にずれ千葉県を直撃し県内の交通はマヒし、大規模な停電や断水などの大きな被害をもたらしました。

今回の台風19号は台風15号よりも強く、今年の台風の中でも最も強い勢力を持っていると予報がでています。

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)によると、11日(金)に沖縄に接近し、12日(土)から13日(日)にかけて九州、四国、13日(日)から14日(月)にかけて近畿、東海、関東でその後は北上し日本海へ抜ける予想となっています。

現時点では日本を横断せず、東シナ海で抜けるルートを予想しているところもありますが、千葉・関東へ直撃または上陸する可能性もあり注意が必要です。

千葉・関東のピークがいつ頃になるかは、13日(日)の明け方ごろから昼頃にかけてになる可能性が高そうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※10/7追記

10/7(月)18時の時点で予想されていたよりも早く、「非常に強い」から「猛烈な」勢力へ変わっています。

今後も発達を続け、明日には900hPaまで下がる見込みです。

日本へ到達する頃にはやや上がっている予想ですが、大型で猛烈な勢いの台風であることは変わりません。

現時点での予報から推測するに千葉・関東のピークがいつになるかは、12日(土)の夕方以降から13日(日)の明け方ごろになってくるとみておきましょう。

最新の情報が入り次第、また追記しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※10/12追記(13時現在)

最新情報ですが、12日(土)の18時頃に静岡県に上陸する見込みとなっています。

12日(土)今日の夕方から夜にかけてが、最接近・ピークの模様となっていまます。

不要不急の外出は控え、安全を確保するようにしましょう。

最接近を前にして強い雨が各地で降り続いており、降り始めからの雨量が関東地方ではすでに400㎜に達する予想がでています。

河川の増水や、海岸などを見にいったりしないようにしましょう。

これから台風の接近と満潮が重なるため、急激に水位が上昇する恐れがあります。

これからさらに雨が強まる予報となっています。

厳重に警戒を続けましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

風速ごとの影響の目安をまとめた表を載せておきますので、備えのための参考にしていただければと思います。

台風風速ごとの影響引用元:https://tenki.jp/forecaster/t_yoshida/2019/08/03/5459.html

 

台風19号千葉(関東)の電車や飛行機と高速道路の影響は?

※10/12追記

12日~13日にかけて計画運休が発表されています。

首都圏内の鉄道でも午後から、ほとんどすべての電車の運休を発表しています。

12日は成田空港を発着する国内便のほとんどが欠航、国際便は早朝と深夜を除くほとんどが欠航しています。

最新の情報に注意しましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現時点では千葉・関東を走る電車に、台風19号による影響での運休や運行の情報は、確認できておりません。

鉄道各社で異なりますが都内主要路線の電車の運行基準としては、強風の場合は以下がだいたいの目安となっていました。

風速20m以上から速度制限などの徐行運転

風速25m~30m以上で運転見合わせ

大雨の場合は各社それぞれ路線により大きく異なるようでした。

運休や運行についての情報は、入り次第こちらに追記していきますね。

千葉県と言えば成田空港ですね!

言わずと知れた日本の玄関口です。

航空各社からは台風19号による飛行機の運航への影響は、まだ発表されていないようです。

JALのホームページには運航への影響が見込まれる航空券の取り扱いの記載がありました。

悪天候(台風・大雪)や自然災害などにより、運航に影響が見込まれる便につきましては、手数料をいただかずに搭乗予定便の変更(振り替え)および払い戻しを承ります。変更は、航空券の種類に関わらず、1回のみ手数料をいただかず可能です。2回目以降の変更は各種航空券の運賃規則に準じます。ご都合のつくお客さまは、お早めに旅程の変更をおすすめいたします。

引用元:https://www.jal.co.jp/cms/other/ja/weather_info_dom.html

運航に影響がでる便かどうかによっては、旅程の変更も視野にいれるといいかもしれませんね。

千葉・関東の高速道路も現在は通行止めや、徐行など台風19号による情報はありませんでした。

こちらも新しい情報が入り次第追記していきます。

台風19号に対するネットの反応は?

やはり勢力の強さを心配する声、千葉県にこれ以上の被害がおこらない事を願う声が沢山あふれていました。

まとめ

今回は「台風19号千葉(関東)いつピーク?直撃は?電車や飛行機と高速道路の影響も」と題しましてお届けいたしました。

台風15号の深い爪痕が残る千葉に、強い勢力の台風が直撃する予報もでている台風19号の接近がいまからとても心配です。

台風が多く直撃する地域で私は育ちましたが、大人になって関東などそうではない地域に住んでみて、台風のとらえ方に対してのギャップをかなり感じました。

近年は関西や関東へも勢力を保ったままの台風が近づくパターンも増えているように思いますし、今までと同じようには考えずに身の安全や自宅、家族を守れるように早めの備えをしていただければと思います。

今回の台風19号は、これだけの勢力であれば、台風からは離れていても強風や、大雨になる可能性があります。

最新の情報と天気予報をしっかりチェックしておきましょう。

今回はここまでとさせていただきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク