スポンサーリンク
スポーツ

森下暢仁出身中学・高校甲子園成績と経歴!身長体重・球種やドラフト評価も

野球

みなさん、こんにちは!

今年も2019年10月17日(木)にドラフト会議2019が行われます!

ぞくぞくとプロ志望届が提出されているようで、誰が出したのか?と話題になっています!

そのプロ志望届を提出した中でも注目されているのが、明治大学の森下暢仁選手です!

ドラフト1位候補として呼び声高く、その実力はメジャー級!?とも言われています。

今回は「森下暢仁出身中学・高校甲子園成績と経歴!身長体重・球種やドラフト評価も」と題しまして、森下暢仁選手の出身中学や高校はどこか?甲子園出場はあるのか、また甲子園の成績はどうだったか、経歴や身長体重・球種やドラフト評価などについて迫っていきたいと思います。

早速、内容へいってみましょう♪

野球
森下暢仁がイケメンでかっこいい!彼女や弟・家族や性格は?画像や動画もみなさん、こんにちは!Ayaboです♪ 今年も2019年10月17日(木)にドラフト会議2019が行われます! プロ志望届を...
スポンサーリンク

森下暢仁の出身中学・高校甲子園成績と経歴は?

森下暢仁(もりした まさと)選手は現在、明治大学の野球部に所属する大学4年生です。

政治経済学部経済学科を専攻し、野球部では主将とエースを務めています。

実力もさることながら、ルックスもなかなかのイケメン!

経歴やプロフィールも見てみましょう!

名前:森下暢仁(もりした まさと)

生年月日:1997年8月25日

血液型:O型

身長/体重:180cm/75kg

投打:右右

出身地:大分県大分市

出身中学:大分市立大東中学校

出身高校:大分県立大分商業高等学校

森下暢仁選手は大分県大分市の出身です。

野球を本格的に始めたのは、小学生の時に所属した明治少年野球クラブだったようです。

その後、地元の大分市立大東中学校へ進み、大分県立大分商業高等学校へ進学します。

大東中学では最初は投手として投げていますが、肘の怪我から野手に転向します。

中学3年生の時には、野手として九州大会を勝ち抜き全国大会にも出場しています。

大分商業高校は公立高校ですが、近年続々とプロ野球選手を輩出している高校です。

同学年にはソフトバンクの川瀬晃選手(2015年ドラフト6位)や一学年上にソフトバンクの笠谷俊介投手(2014年ドラフト4位)がおり、西武の源田壮亮選手(2016年ドラフト3位)や、オリックスの廣澤伸哉選手(2017年ドラフト7位)も大分商業の出身です。

高校1年の時にはその笠谷投手の活躍で甲子園に出場しています。

森下暢仁選手は1年生ながらベンチ入りを果たしますが、試合への出場はかないませんでした。

監督の勧めで1年生の時に投手に復帰しますが、思うような投球が出来ず再度野手へ転向し、2年の夏の大分県大会では全3試合に2番・サードとして出場します。

3打数6安打で打率.462と好成績を残しました。

一学年上の笠谷投手が抜けた2年生の秋は再度投手へ転向し、新チームのエースとして森下暢仁選手がチームを引っ張る事となります。

2年生の冬には両第一肋骨骨折の怪我を負い、1月下旬までの約2か月間に渡り戦線を離脱しています。

その間は体力アップをはかり、体重を増やすとその後の練習試合では自己最速の148㎞/hを計測します。

高校生で怪我をしても腐らず体力アップに励めるのはすごいですよね。

さらに怪我をする前よりパワーアップしてしまうのですから、この頃から精神力が一流選手のそれですよね。

3年生の夏は大分県大会で全5試合で先発し、決勝まで勝ち進みます。

決勝では明豊高校と戦い、9回6安打1失点と好投を見せますが、打線が振るわず0対1で敗れ甲子園進出は残念ながら逃してしまいます。

甲子園出場こそ叶いませんでしたが、U-18日本代表に選ばれU-18ワールドカップに出場します。

3試合を投げ10回無失点、14奪三振と好投し、チームは準優勝を獲得します。

この時、甲子園出場経験がないのは森下暢仁選手が唯一1人だったようで、その時点からかなり評価が高かったことが分かりますね!

高校時代からドラフトの上位候補として、複数球団から注目されていましたが、明治大学への進学を選ぶこととなります。

明治大学に進学してからは、1年生の春リーグから登板しています。

ですが6月の新人戦の試合中に、右ヒジを骨折してしまいます。

秋に怪我から復帰すると2年生の春からは先発を任されるようになります。

この春リーグでも防御率ランキング2位にランクインしています。

2年生の頃から国際大会に大学日本代表として選出され先発を任されており、大学野球界でトップレベルの選手です。

3年生の春にはエースとして投げ、自己最速154km/hをたたき出したことも話題となりました。

4年生となった2019年は主将としてチームを牽引することとなります。

リーグ戦では8試合に登板し、4勝1敗で防御率2.03と安定した投球をみせた森下暢仁選手は、2016年秋季リーグ以来の優勝へチーム導きます。

個人では最優秀防御率は同じく2019年のドラフト候補の田中誠也に阻まれますが、ベストナインとMVPのタイトルを獲得しています。

そして今年2019年の全日本選手権では素晴らしい活躍を見せ、明治大学を38年ぶりの優勝に導きました!

2試合に先発し、18イニングで失点はわずか1のみで、MVPと最優秀投手賞も獲得します。

大学日本代表として選出された日米大学野球でも、2勝1敗15イニングを投げ、防御率1.20と素晴らしい活躍を見せ、最高殊勲選手賞を獲得しています。

森下暢仁の身長体重・球種やドラフト評価は?

森下暢仁選手の身長と体重は先ほど述べたように、180cmの75キロです。

75キロはプロ野球選手としては軽く、プロ入りすればますます体も大きくなり球速もさらに増してくることが期待されます。

球種はスライダー・カットボール・カーブ・チェンジアップで、伸びのあるストレートと140kg/h前後のカットボール、落差のあるカーブが持ち味です。

カットボールは小さく横に曲がったり、縦に大きく変化しています。

回転軸に特徴があり、回転軸が進行方向と同じジャイロ回転になっていると言われています。

カーブは球速は約110㎞/h前後で縦に大きく変化するカーブです。

このカーブと最高球速は155kg/hのストレートで緩急の効いたピッチングをします。

カーブの回転軸は地面と平行でトップスピンがかかり、その回転数は2,800rpmだそうです。

楽天で活躍する岸孝之投手は回転数2,000rpmですので、森下暢仁選手はさらに上を行くカーブの持ち主と言えそうです。

制球力もまずまずで、年々さらにその制度は上がってきています。

ここまでいくと即戦力間違いなしと言わるのも皆さん納得でしょう!

そしてここまで高い評価ながら森下暢仁選手は中学や高校時代は度重なる怪我から、野手に転向していた時期もあり投手としても経験はそこまで多くありません。

怪我は心配ですが、その度パワーアップしている印象でフィジカル面でも、これからますます鍛えられていくそんな伸びしろを感じさせる選手です。

そのため球団からの注目度はやはり高く、ほぼ全球団がドラフト1位指名候補に入る可能性を挙げています。

10月4日には一部球団でスカウト会議が開かれ、明言を避けた球団もありますが、一位候補に森下暢仁選手を入れている球団は、巨人、中日がありました。

10月17日ドラフト会議直前の情報によると広島が森下暢仁選手の一位指名を公言しています。

これは広島の監督佐々岡真司氏の「即戦力がほしい」との意向を汲んだもののようです。

佐々岡監督は「フォーム的にもいいし、スピードもコントロールもある。そこにホレました」とゾッコンのようです。

引き続き、中日なども一位指名候補に入れており、複数球団で競合する可能性も高そうですね。

これはますます今回の2019年のドラフト会議での評価が気になります!

ツイッターやネットの評判は?

贔屓の球団に来てくれ~という方や、2019年のドラフトの目玉として挙げている方がやはりかなり沢山いました!

特にソフトバンクは地元九州の選手ですので、ファンも是非とって欲しいと願っている方が多数いました!

ドラフト会議2019は10月17日(木)の17時から始まります!

森下暢仁選手がどこの球団に所属することになるか、注目が集まりそうです!

まとめ

今回は今回は「森下暢仁出身中学・高校甲子園成績と経歴!身長体重・球種やドラフト評価も」と題しまして、お届けいたしましたがいかがでしたでしょうか。

10月17日(木)のドラフト会議が今から待ちきれない、そんなプロ野球ファンの方も多いのではないでしょうか。

どこの球団に所属するのか今からとても楽しみですね♪

森下暢仁選手についてまた何か情報があれば、追記していきますね!

今回はここまでとさせていただきます!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

野球
森下暢仁がイケメンでかっこいい!彼女や弟・家族や性格は?画像や動画もみなさん、こんにちは!Ayaboです♪ 今年も2019年10月17日(木)にドラフト会議2019が行われます! プロ志望届を...
スポンサーリンク