スポンサーリンク
スポーツ

佐藤翔馬の経歴やプロフィールと出身中学高校は?彼女や兄弟家族についても!

水泳

みなさん、こんにちは!Ayaboです♪

1月26日東京辰巳国際水泳場で行われた北島康介杯で、男子200メートル平泳ぎの佐藤翔馬選手が東京オリンピック代表争いに名乗りを上げました!

18歳の佐藤翔馬選手は、昨年の世界選手権銅メダリストで前世界記録保持者の渡辺一平選手(トヨタ自動車)を破り、2分7秒58の好タイムで優勝を果たしています!

今回は「佐藤翔馬の経歴やプロフィールと出身中学高校は?彼女や兄弟家族についても!」と題しまして、佐藤翔馬選手の経歴やプロフィールと出身中学や高校はどこか、佐藤翔馬選手の彼女や兄弟や家族についても調べてみたいと思います。

早速、内容へ行ってみましょう!

スポンサーリンク

佐藤翔馬の経歴やプロフィールと出身中学高校は?

佐藤翔馬選手の経歴やプロフィールについてはこちらです。

名前:佐藤翔馬(さとう しょうま)

生年月日:2001年2月8日

年齢:18歳(2020年1月時点)

身長:177cm

体重:74㎏

出身中学校:神奈川県私立慶應義塾普通部

出身高校:神奈川県私立慶應義塾高等学校

大学:慶応義塾大学商学部1年生

所属:慶應義塾體育会水泳部競泳部門/東京SC

専門種目:平泳ぎ

趣味:ラーメン食べ歩き

好きな食べ物:タピオカ、牛タン

0歳の時に水泳を始め、小学校3年生の時に東京SCに通い始めました。

この東京SCにはかつて北島康介選手も通っており、佐藤翔馬選手は北島康介選手の後継者とも言われているんですよね。

佐藤翔馬選手は昨年2019年9月に行われた第95回日本学生選手権水泳競技大会男子100㍍平泳ぎでは第3位、男子200㍍平泳ぎでは2分9秒21を記録し、優勝を果たしています。

この記録は世界ジュニア新記録であり、東京オリンピック派遣標準記録まで残り0.93秒迫る好記録であったことから、一気に東京オリンピック代表候補として注目を浴びるようになりました。

今回の北島康介杯で渡辺一平選手を破っての優勝は、佐藤翔馬選手の実力を証明したものと言えるでしょう。

佐藤翔馬選手の急成長ぶりをみていると、このまま東京オリンピック代表へ突き進んでいきそうな勢いを感じますね!

出身中学校・高校は神奈川県の慶応義塾普通部と慶応義塾高等学校と、中高一貫の男子校で過ごしたようですね。

中学校、高校時代のエピソードなど新しい情報を確認でき次第追記していきますね。

佐藤翔馬の彼女や兄弟家族は?

佐藤翔馬選手は18歳の大学1年生です。

お年頃なので彼女の存在なんかも気になりますよね。

競泳の瀬戸大也選手にとても似ていて、笑顔などもそっくりだと思いませんか?

瀬戸大也選手もイケメンやかわいいと女性から人気がありますので、佐藤翔馬選手も人気がでそうな気がします。

現時点では佐藤翔馬選手の彼女については、情報を確認することができておりません。

水泳のことで忙しく彼女なんか作っている暇もないのかもしれませんね。

それにしても中学校から高校まで男子校であれば、大学で女子もいる状況だとドキドキしてしまいそうですが、心境としてはどうなんでしょうね。

兄弟や父や母など家族についてはどうでしょうか。

慶応に中学校から通っていたのであれば、経済力があるご両親のような気がします。

お父さんは医者をされているそうで、お祖父さんも医者という家系だそうです。

お父さんがマッサージなど普段の体のメンテナンスもしてくれ、佐藤翔馬選手を支えてくれているそうです。

兄弟や父や母など家族の情報についても現時点ではこれ以上は確認することができていませんが、今後の活躍によってはテレビなどで特集など組まれるかもしれませんよね。

また情報が確認でき次第、こちらに追記していきますね。

まとめ

今回は「佐藤翔馬の経歴やプロフィールと出身中学高校は?彼女や兄弟家族についても!」と題しまして、佐藤翔馬選手の経歴やプロフィールと出身中学や高校はどこか、佐藤翔馬選手の彼女や兄弟や家族について調べてみました。

佐藤翔馬選手は現在、慶応義塾大学の商学部の1年生です。

出身中学と高校は神奈川県の慶応義塾普通部と慶応義塾高等学校を卒業しています。

彼女や兄弟、家族についての情報は現時点では、父と祖父が医者という事以外確認できていません。

佐藤翔馬選手のように若い選手の台頭は競技自体盛り上がりますし、これからの東京オリンピックの選考まで時間もあります!

東京オリンピック平泳ぎは2枠ですので、佐藤翔馬選手が是非出場を勝ち取って欲しいですね!

今後の活躍で様々な情報がでてくると思いますので、確認でき次第こちらにも追記していきます。

今回はここまでとさせていただきます。
最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク