スポンサーリンク
テレビ

ドラマMつまらない面白くないと酷評?棒読みがひどくて気持ち悪い?口コミも調査!

スポットライト

みなさん、こんにちは!Ayaboです♪

90年代後半に現れ、一時代を築いた歌姫といえば『浜崎あゆみ』さんでしょう。

本人が作詞した歌詞に多くの女の子たちが共感し、まさにあの時代のカリスマでしたよね!

「あゆになりたい!」とメイクやファッションを真似た女の子達が本当~に沢山いましたよね。

そんな浜崎あゆみさんの平成の歌姫と呼ばれるまでの軌跡をもとにした小説「M 愛すべき人がいて 」のドラマ化され放送がスタートしています。

ドラマであゆ役を演じるのは、新人歌手の安斉かれんさん

ドラマ放送後には「面白くない」「つまらない」など、少し辛口の意見や感想もでているようです。

特に安斉かれんさんの演技が、「棒読みがひどい」と言われているようです。

ロボットのようで気持ち悪い」とまで言われているようですが、逆に癖になって面白い!棒読みが逆にあゆっぽい!なんて感想もでているようですね。

今回は「ドラマMつまらない面白くないと酷評?棒読みがひどくて気持ち悪い?口コミも調査!」と題して、つまらない面白くないと酷評されているドラマMについてや、棒読みがひどくて気持ち悪いとまで言われている演技についてですが、世の中の感想や口コミについても調査してみたいと思います。

早速、内容へ行ってみましょう!

ステージ
ドラマM愛すべき人がいて|ガールズグループのモデルは誰?実話かも調査!みなさん、こんにちは!Ayaboです♪ ドラマ「M 愛すべき人がいて」始まりましたね! 歌手の浜崎あゆみさんの、平成の歌姫『...
スポンサーリンク

ドラマMつまらない面白くないと酷評?

ドラマ「M 愛すべき人がいて」は、平成の歌姫”浜崎あゆみ”さんがスターダムを駆け上る半生と、それにまつわる恋愛模様を描いたフィクション小説です。

事実をもとに脚色されてオリジナルストーリーということのようですね。

ただ浜崎あゆみさん自身が「自分の身を滅ぼすほど、一人の男性を愛しました」と言葉を寄せています。

様々な意見がでているドラマMですが、「つまらない」「面白くない」という意見を見てみましょう。

現在2話まで放送されたところで、5月2日3話めの放送が予定されています。

ストーリーについては、面白くない、つまらないと言っている方がほとんどのようですね。

話の流れとしてはサクセスストーリーというのが分かっているので、展開は分かっていますからね。

そういう意味ではストーリーに意外性はないのかもしれません。

今から20年以上前の設定と考えると古臭く感じるのも当然かもしれませんが、当時を知る身としては「え…、ここまでだっけ…?」と感じてしまいました。

なんか全体的に昭和感というか…笑

脇を固める役者陣のキャラクターの濃さも話題になっていますが、主人公のアユをいじめる感じとか、昭和の名作ドラマ「スチュワーデス物語」を思いだすと言っている方も多くいました。

そのため「つまらない」「面白くない」を通り越して、逆に「面白い」とある意味注目を集めています。

脚本を手掛けているのは人気テレビ作家の「鈴木おさむ」さんです。

このある意味中毒性のある演出は狙ったものだとしたら、まさに狙い通りですよね!

どっちなんでしょうか!?

ドラマM棒読みがひどくて気持ち悪い?

ドラマMの感想で一番目につくのが、あゆ役の安斉かれんさんの演技が棒読みすぎる!というものです。

「棒読みがひどくてアンドロイドみたい」「気持ち悪い」なんて意見もあるようです。

ただ棒読み演技については、浜崎あゆみさんの真似をしている!?なんて意見もありました。

確かに浜崎あゆみさんの出始めの頃のしゃべり方に似ているような…

鼻にかかった喋り方とかそっくりとも言えなくもない…

実在の人物でしかも当時をリアルタイムに知っている世代が30~40代とまだ若い…

元々演技経験が豊富ではない安斉かれんさんにとっては、かなりハードルが高く気の毒なような気もします…

浜崎あゆみさんの物語をもとにしながらも、別物として見れたらまた感想も違ってきたかもしれませんね。

ドラマMの口コミは?

感想や口コミは、やはりあゆ役の安斉かれんさんの棒読みといった内容や、マサの秘書役の田中みな実さんが「スチュワーデス物語」の片平なぎさのようだといったもの

演出が昭和?ボイストレーナー役の水野美紀さんがぶっ飛んでるといったものが多かったです。

”ポストあゆ”として売り出したいからと安斉かれんさんが選ばれたようですが、浜崎あゆみさんがあそこまで売れたのは、浜崎あゆみさんの歌詞の世界観が時代にマッチしていた事と、当時の女の子たちの憧れるルックスを兼ね備えていた事だと思います。

浜崎あゆみさんが登場してから、目元を強調するメイクが本格的に時代の主流になりましたよね。

思春期の女の子の不安や孤独感は、時代が変わっても不変のものかもしれませんが、メールなどが出始めたころと、SNSなどが発達した現在とは若者の感覚はやはりまったく違うと思いますしね。

あゆの世界観や、見た目をなぞるだけじゃ、やっぱり現代にはマッチしないように思うので、”ポストあゆ”と売り出される安斉かれんさん本人がどう思っているのか個人的には気になります。

浜崎あゆみさんの全盛期って実はそこまで長くはなかったんですよね。

全盛期はやはり1999年~2003年ぐらいじゃないかと思います。

短い間で沢山の名曲をリリースしてしていましたよね。

その時代に10代後半から20代前半だった世代は、ファンじゃなくてもだいたいの曲は口ずさめてしまうほどだと思います。

その時にやはりアイドルとして、絶大な人気を誇ったTOKIOの長瀬智也さんとの交際は多くの方が憧れたカップルでしたよね。

ドラマの題名にもなっている「M 愛すべき人がいて」もリリースされた当初は、長瀬さんの事を歌っているとのでは!?思っていた方も多かったと思います。

実際に明かされたことはなかったので、あゆしか知らない事実のままでよかったと思っていたんですがね…

実はavexの社長である松浦氏の事だったとは…

交際の噂は昔からありましたが、そこはグレーであってほしかった…

事実そうだったとしてもMを聞く度に、松浦氏の顔がちらつくようになってしまいました…

まとめ

今回は「ドラマMつまらない面白くないと酷評?棒読みがひどくて気持ち悪い?口コミも調査!」と題して、つまらない面白くないと酷評されているドラマMについてや、棒読みがひどくて気持ち悪いとまで言われている演技についてですが、世の中の感想や口コミについても調査してみました。

ドラマは5月2日に第3話が放送されます。

今のところ、つまらない、面白くないといった感想も多いですが、今後の感想や口コミの変化にも注目です。

今回はここまでとさせていただきます。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

ステージ
ドラマM愛すべき人がいて|ガールズグループのモデルは誰?実話かも調査!みなさん、こんにちは!Ayaboです♪ ドラマ「M 愛すべき人がいて」始まりましたね! 歌手の浜崎あゆみさんの、平成の歌姫『...
スポンサーリンク