スポンサーリンク
話題

天叢雲剣って何?雨が降るって本当?実物やレプリカも調査!

虹

みなさん、こんにちは!Ayaboです♪

今日2019年10月22日(火)は天皇陛下の即位のを国内外に知らしめる、「即位の礼」が執り行われています!

今日は今年限りの祝日でお休みになった方も多いですよね♪

ただ儀式の行われている東京は残念ながら雨…!

ですがこの雨は天叢雲剣にまつわるもので、とても縁起のいいものだとネット上では大変話題になっています!

今回は「天叢雲剣って何?雨が降るって本当?実物やレプリカも調査と題しまして、天叢雲剣とは何か?雨が降るっていう伝承は本当か?実物やレプリカなどについても調査してみたいと思います!

早速、内容へいっていみましょう!

スポンサーリンク

天叢雲剣って何?

まず天叢雲剣とは何なんでしょうか?

天叢雲剣の読み方は「あめの
むらくものつるぎ」、または「あまのむらくものつるぎ」と読みます。

天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ、あまのむらくものつるぎ)は草薙剣とも言われ、天皇の持つ武力の象徴とされている「八咫鏡(やたのかがみ)」「八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)」と共に三種の神器の一つです。

日本神話において、素戔嗚尊(スサノオノミコト)が出雲国で八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を退治した時に大蛇の体内(尾)から見つかった神剣であるとされています。

普段は愛知県名古屋市の「熱田神宮」に保管されています。

天叢雲剣は雨が降るって本当?

天叢雲剣は大蛇を倒しその、大蛇「ヤマタノオロチ」の尾から見つかった神剣であるとされています。

そのヤマタノオロチのいた場所にいつも雲がでていた事から、雨雲を呼び雨を降らせる剣であると言い伝えられています。

そしてその後に日本武尊(ヤマトタケル)が東国出征の際に、草木を切り裂き火の手から避け進んだことから「草薙剣」とも呼ばれるようになりました。

そんな天叢雲剣が儀式のために、名古屋から東京に来ているため、東京は雨で名古屋は晴れているのではと言われています。

しかも儀式が始まった途端に雨がやみ、さらには虹まで現れてようです!


虹までかかるなんて、神秘的な力を感じてしまいますね。

天叢雲剣の実物やレプリカも調査!

天叢雲剣について調べると本物や実物、レプリカといったキーワードがでてきます。

レプリカというと模造品や偽物といったマイナスなイメージを持ってしまいますが、オリジナルの機能を移植した「形代」と呼ぶのがふさわしいのかなと個人的には思います!

本物なのかレプリカが使用されているのか現時点での調査では分かりませんでしたが、本物であろうとレプリカであろうと、日本の神話からつながる神聖の象徴でありこの悠久の時を感じされる歴史に感動してしまいますね。

ネットの反応は?

やはり神秘を感じる現象と、神話から続く悠久の歴史に感動している方が沢山いました。

まとめ

今回は「天叢雲剣って何?雨が降るって本当?実物やレプリカも調査!と題しまして、天叢雲剣とは何か?雨が降るっていう伝承は本当か?実物やレプリカなどについても調査してみました!

改めて日本の神話から続く歴史の雄大さに圧倒されてしまいますね。

そして改めてその歴史の一部である日本人として生まれた事を私も嬉しく思います。

今回はここまでとさせていただきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク