スポンサーリンク
話題

レコード大賞2019はやらせ・出来レースで意味がない?買収疑惑や八百長も調査!

ステージ

みなさん、こんにちは!Ayaboです♪

2019年も残りあと僅かとなってまいりましたね!

年末と言えば、毎年恒例の『輝く!日本レコード大賞』ももう目前です!

61回目となる今年2019年は、12月30日(月)に17:30から4時間半にわたり生放送されます!

昨年は子供から大人まで大ヒットしたDA PAMPの「U.S.A」がレコード大賞をとるのではないかと言われていましたが、実際に2018年のレコード大賞を受賞したのは、乃木坂46の「シンクロニシティ」でした。

この乃木坂46の「シンクロニシティ」は確かに人気のある楽曲ですが、年代によっては「?」知らないという声も多く、一番流行ったのは「U.S.A」でしょ!と「やらせ」や「出来レース」などといった批判の声があがってしましました。

昨年だけでなく、近年のレコード大賞には「やらせ」や「出来レース」「八百長」などの噂が絶えず、「お金で買える」といった買収疑惑もつきません。

今回は「レコード大賞2019はやらせ・出来レースで意味がない?買収疑惑や八百長も調査!」と題しまして、レコード大賞2019はやらせ・出来レースなのか、レコード大賞2019は意味がないのか、買収疑惑や八百長についても調査してみたいと思います!

早速、内容へ行ってみましょう!

スポットライト
レコード大賞2019土屋太鳳の司会が下手でかみかみ?あざとすぎると感想や評判も!みなさん、こんにちは!Ayaboです♪ いよいよレコード大賞が今年12月30日に発表されます! 本番5分前!いよいよレコード...
スポンサーリンク

レコード大賞2019はやらせ・出来レースで意味がない?

今年2019のレコード大賞はどのアーティストが受賞するのでしょうか。

放送は12月30日17:30からになっています。

昨年2018年にレコード大賞を受賞した、乃木坂46の「シンクロニシティ」は、やらせや出来レースといった声が、残念ながらあがってしまっていました。

レコード大賞はレコード会社に所属する作曲家の親睦団体である『公益社団法人日本作曲家協会』が主催しています。

日本レコード大賞 審査基準
作曲、作詩、編曲を通じて、
芸術性、独創性、企画性が顕著な作品とする。
優れた歌唱によって活かされた作品で大衆の強い支持を得た上、
その年度を強く反映、代表したと認められた作品に贈る。

 

新聞社や音楽プロデューサーなどが審査員をつとめ、審査基準についてはこのように記載があります。

明確なCDの売り上げだけでなく、審査員の匙加減でもあるということですよね。

昭和や平成初期の頃は音楽はテレビやラジオで家族や周囲の人と、時間とともに共有するものでした。

現代はスマホなどで個人の趣味としての音楽の楽しみ方が広がり、自分の好きなジャンル以外はほとんど耳にしないという方も多いですよね。

以前のようにその年を代表する一曲として選ぶこと自体が難しくなっているのかもしれませんね。

 

レコード大賞2019の買収疑惑や八百長も調査!

『日本レコード大賞』は1970年代から1980年代はまさに、全盛期で視聴率は30~50%を記録していました。

レコード大賞はまさにアーティストにとっても名誉ある賞で、紅白歌合戦と肩を並べる音楽番組でした。

以前は大晦日に放送されており、『レコード大賞』から『紅白歌合戦』へと会場を移動するアーティストも多く、視聴者はテレビの前でその様子にくぎ付けでした。

1970年代からも特定の芸能事務所やレコード会社が、審査員に働きかけをしていると癒着を指摘する声はありましたが、特に2010年代に入ってから「買収疑惑」や「八百長」として報じられる事が増えてきました。

第50回 2008年
「Ti Amo 」EXILE
エイベックス・エンタテインメント

第51回 2009年
「Someday」EXILE
エイベックス・エンタテインメント

第52回 2010年
「I Wish For You」EXILE
エイベックス・エンタテインメント

第53回 2011年
「フライングゲット」AKB48
キングレコード

第54回 2012年
「真夏のSounds good !」AKB48
キングレコード

第55回 2013年
「EXILE PRIDE~こんな世界を愛するため~」EXILE
エイベックス・エンタテインメント

第56回 2014年
「R.Y.U.S.E.I.」三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
エイベックス・ミュージック・クリエイティブ

第57回 2015年
「Unfair World」三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
エイベックス・ミュージック・クリエイティブ

第58回 2016年
「あなたの好きなところ」西野カナ
ソニー・ミュージックレーベルズ

第59回 2017年
「インフルエンサー」乃木坂46
ソニー・ミュージックレーベルズ

第59回 2017年
「シンクロニシティ」乃木坂46
ソニー・ミュージックレーベルズ

こうして近年のレコード大賞の受賞者を見ると、同じレコード会社が続けて受賞しているのが分かりますね。

2011年もEXILEの受賞が決まっていたのを、AKBが受賞に乗り出しEXILE側が辞退したと言われています。

その際にも巨額のお金が動いたとか…

その後もネットニュースに大賞決定と同時に、受賞作品の詳細が発表されたりと事前に受賞作品が決まっていたいるのではないかと度々言われていました。

2015年にはレンタルチェーン店のTSUTAYAが自社ニュースサイトで、音楽関係者の声として審査員とレコード会社や芸能事務所の癒着を指摘する記事を配信しています。

さらに審査委員を務める産経新聞が自ら、賞の存在意義をなげかえる記事を掲載をしたのもこのころです。

2016年には前年2015年に大賞を受賞した「三代目J Soul Brothers」は、買収によるものだったと『週刊文春』が報じています。

具体的な金額も記事には記載されており、消費税込みの1憶800万の請求書も公開されていたようです。

この記事の反響は大きく様々な方面からも様々な声があがりましたが、中でも元アイドル歌手で声優として活動する宍戸留美さんが、『最優秀新人賞、お金だせないからとれないね』と16歳の時に言われたと暴露した事は、裏側では古くから裏金が飛び交っていたとしてネットを中心に多く話題になりました。

レコード大賞以外にも新人賞などもいわば、事務所やレコード会社のパワーが反映されている明らかな出来レースと言われているものも多数あります。

そうなるとレコード大賞が意味がないと言われてしまうのもやむを得ないのかもしれません。

できれば2019年のレコード大賞は、みんなが納得する作品が受賞してくれればと思うのですがね!

2019年のレコード大賞は12月30日に発表になります!

これまでやらせ・出来レースなどのネガティブなイメージを覆すように、ある意味期待を裏切ってくれのか楽しみにしたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※12月30日追記

2019年のレコード大賞優秀作品賞Foorinの『パプリカに決定しました!

米津玄師さんのセルフカバーでも話題になりましたね!

子供から大人まで幅広い層が知っている楽曲ということで、納得の選曲ではないでしょうか。


最優秀新人賞はBEYOOOOONDでしたね!

『眼鏡の男の子』を披露していました。

私は歌っているところをはじめて見たのですが、ちょっとそのパフォーマンスをみて気になるようになってしまいました!

2組のますますの活躍を願っています!

まとめ

今回は「レコード大賞2019はやらせ・出来レースで意味がない?買収疑惑や八百長も調査!」と題しまして、レコード大賞2019はやらせ・出来レースなのか、レコード大賞2019は意味がないのか、買収疑惑や八百長についても調査してみました!

これから発表になるレコード大賞2019!

今年はどの作品が大賞を受賞するでしょうか。

やらせや出来レースなどの疑惑を払拭できるような、作品が受賞することを願います!

今回はここまでとさせていただきます。
最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポットライト
レコード大賞2019土屋太鳳の司会が下手でかみかみ?あざとすぎると感想や評判も!みなさん、こんにちは!Ayaboです♪ いよいよレコード大賞が今年12月30日に発表されます! 本番5分前!いよいよレコード...
スポンサーリンク